Google Sitemaps用XML自動生成ツール

信楽焼

信楽は、日本六古窯の一つで1250年の伝統を誇る日本最古の産地であり、天平14年(742年)聖武天皇が紫香楽宮の造営に布目瓦、汁器の須恵器を焼かれたことに始まり、水がめ、種壷、茶壷、茶器、徳利、火鉢、植木鉢など大物から小物に至るまで信楽焼き独特の「わび」「さび」を残し今日に至っています。
信楽焼きは日本六古窯のひとつに数えられ、古くは天平14年(742年)、聖武天皇の紫香楽宮造営にあたって、この地で瓦を焼いたのが発祥と言われています。しかし産業としての信楽焼きのスタートは、鎌倉時代中期以後のことになります。
 鎌倉から室町にかけて、種壷や擂鉢といった農器が焼かれますが、室町末期侘び茶が隆盛すると、千利休、武野紹鴎によってこれまでの農器が茶陶として用いられ、信楽焼はその名を広めていきました。
457
123...8»
123...8»